I Got Rhythmを使ったウォーキングベース練習02

ピアノキャットです。 演奏するときは主に納 浩一さんのジャズスタンダードバイブルを使っているのですが、この黒本すごいですよね。本当にどこにでもある。 ジャズバーで他のお客さんとセッションすることになったとします。 初めて会う二人、互いにどんな過去を歩いてきたのかも知らず、口数も少ないまま……しかし、そこに一冊の黒本が舞い降りる! 「あ、黒本ですか。I Got Rhythmやったことあります?」 「 […]

I Got Rhythmを使ったウォーキングベース練習01

ピアノキャットです。 前回の丸の内サディスティックで、なんの前振りもなくウォーキングベースをしてしまったので、この記事をつくることにしました。 題して、元パンクロッカーでも弾け……おっと、僕はピアノ弾きだ。 ピアノでもやったるで! ウォーキングベースのはじまりはじまり。 そもそもウォーキングベースとはなんぞや、というと上のサイトさんでイメージをつかんでほしいのですが。 要するに「歩いてるような感じ […]

丸の内サディスティック進行を使ったアドリブ練習01

ピアノキャットです。 僕は死後50年以上経った人の音楽が好きなのですが、それ以上に椎名林檎の曲を愛してやまないので、今回は著作権の勉強から入ります。 空中庭園  ~ Hanging Gardens ~ – 歌ってみた、演奏してみた動画を投稿する前に気を付けるべき著作権と楽曲利用の方法について 上記サイトがよくわかりやすいですね。 引用元はyoutubeとニコニコ動画が主になるので、よく […]

All Of Me進行を使ったアドリブ練習04

ピアノキャットです。 前回のレッスン2で、最初の1音に前乗りで半音下をひっかけるあれはかっちょいいと言いましたが、とうとう横文字がわかりました。 アッチャッカトゥーラ!(前打音) 格好よいですね。 なにが格好よいって、音楽用語は英語もドイツ語もイタリア語もまぜまぜで使うあたりが、BLEACHっぽいです。 ジャズもキメの前に「面を上げろ、侘助!」とか解号を唱えるべきなのでは。 練習が足りないぞ、侘助 […]

All Of Me進行を使ったアドリブ練習03

ピアノキャットです。 素人がラップバトルに赴くには事前に大量のリリックをメモしておくことが必要です。 同様に、素人がジャズバトルに挑むにはリック(よく使われる短いフレーズ)を大量に記憶しておくべきです。 バトル? そう、音楽は格闘技だ! アドリブはリックの組み合わせか? レッスン1、アドリブとは「スケール」「アルペジオ」「半音階」「リズム」という4つの要素から成り立っています。 レッスン2、最初の […]

All Of Me進行を使ったアドリブ練習02

ピアノキャットです。 昔、小説家を目指していたことを想うと、酒が入ってから書くこのブログはもはやなんとやら。 今日はバランタインのハードファイヤードを片手にいってみましょうか。 出典:youtube – guilherme ferragut|All of Me – Jazz Standard アマチュアジャズ演奏者の多くがコピーバンドであると考えれば、youtubeで公開し […]

All Of Me進行を使ったアドリブ練習01

ピアノキャットです。 今回からアドリブについて考えていきます。 課題曲はスタンダード中のスタンダードと言えるAll Of Meです。 とりあえず譜面を書いてみました。 All Of Meは32小節のABACフォームで構成されています。 みんなこの32小節をあれやこれやといじくって、曲にしています。 たとえば、OSR(おしゃれポイントシステム)に従うと、まず8小節くらいイントロをしますよね。 大抵A […]

Candyのコード進行分析02

ピアノキャットです。 ジャズは格闘技だ!と言ったような気がしますが、ジャズはおしゃれポイントシステムを採用しています。 いわゆるOSRは、おしゃれでかっちょいい行動(以下、おしゃれ行為)をとることで加点されていきます。 また、非おしゃれ行為により減点され、その最終値によって勝ち負けが決まります。 (参考:アンサイクロペディア – OSR) たとえば、いきなりテーマを弾き始めるのは非おし […]

Candyのコード進行分析01

ピアノキャットです。 枯葉と同様にツーファイブワンが特徴的な曲にCandyがあります。 次回はこれを使ってルートの弾き方を考えてみます。 譜面があると便利なので、書いておきました。 Cm7→F7→Bb(Bb7)の流れがⅡm7→Ⅴ7→Ⅰ7となっています。 新しい曲を弾く際には、人からパクるといいです。 さあ、youtubeでCandyを検索しましょう! 出典:youtube – yos3 […]

枯葉(Autumun Leaves)のコード進行分析04

ハンマークラヴィーアによるバッキング、略して。 範馬刃牙です。 ……いや、ピアノキャットです。 前回までのあらすじ! 枯葉のメロディをコードに従って弾きました。 これにて完成!かと思ったらどっこい、他の演奏とはまるで違うのはどうしてホワイ? そりゃそうですよね。 すべての曲がコードベタ弾きだけでできていたら、どの曲も同じになってしまいます。 同じ進行でもたったひとつのオンリーワンになるように頑張る […]

1 3 4
error: Content is protected !!