本番

Blue Bossaを使ったセッション練習04

ピアノキャットです。 前回、ツーファイブワンの簡単レシピを紹介しました。 3rd 5th 7th 9th → 7rd 9th 3rd 13th → 3rd 5th 7th 9th の形を基本に弾くと楽に根音省略(ルートレスヴォイシング)ができてしまいます。 新たに曲を弾くときには、まずツーファイブワンの位置を探して、それを基に左手の位置をつくりましょう。 さすれば、簡単にセッション向けの演奏ができ […]

Candyのコード進行分析03

ピアノキャットです。 そして、話はCandyに戻ってきます。 I Got Rhythmの回では借用の解説を行いました。 借用とは、なんやかんや理由をつけて、別な調から一時的に音を借りてくる手法です。 あのときはBb調のくせに、BパートでG調やらF調から借りてきて、えらい大変でしたね。 では、I Got Rhythmを思い浮かべながら、Candyの譜面を見直してみましょう。 ……同じやないかい! A […]

スーパーマリオワールドを使ったアドリブ01

ピアノキャットです。 「マリア様がみてる」という小説に「ワルツが踊れる!」という名台詞があります。 劇中、やんごとなき理由で主人公がワルツを踊るのですが、なんやかんや乗り越えた勢いで「3拍子の曲ならなんでも踊れる」状態になります。 ムーンリバー? 3拍子ですね。 私のお気に入り? 3拍子ですね。 マリア様のこころ? 3拍子ですね。 ――ワルツが踊れる! ここまでやってきたジャズのスタンダードナンバ […]

All Of Me進行を使ったアドリブ練習04

ピアノキャットです。 前回のレッスン2で、最初の1音に前乗りで半音下をひっかけるあれはかっちょいいと言いましたが、とうとう横文字がわかりました。 アッチャッカトゥーラ!(前打音) 格好よいですね。 なにが格好よいって、音楽用語は英語もドイツ語もイタリア語もまぜまぜで使うあたりが、BLEACHっぽいです。 ジャズもキメの前に「面を上げろ、侘助!」とか解号を唱えるべきなのでは。 練習が足りないぞ、侘助 […]

error: Content is protected !!