コード

Watermelon Manでブルース進行を学ぼう!01

ピアノキャットです。 たとえば、SEKAI NO OWARIの Dragon Nightと、THE BEATLESのYesterdayだったり。 椎名林檎の丸の内サディスティックと、ゲスの極み乙女。のキラーボールだったり。 黒うさPの千本桜と、TM NETWORKのGet Wildだったり。 なんか似てるなぁ、と思う曲ってありますよね。 それらの曲は、たぶんコード進行が一緒なんです。 以前にも触れ […]

L-O-V-Eを使ったルートレスヴォイシング02

ピアノキャットです。 これまでBlue Bossaを使って根音省略(ルートレスヴォイシング)の簡単レシピを紹介してきました。 ベースと一緒に弾くにあたってツーファイブワンを 3rd 5th 7th 9th → 7rd 9th 3rd 13th → 3rd 5th 7th 9th で弾くと、ルートの音被りを楽に回避できますよ、という話でした。 でも、それってBlue Bossaだけの世界じゃないの? […]

L-O-V-Eを使ったルートレスヴォイシング01

ピアノキャットです。 前回までやった根音省略(ルートレスヴォイシング)の簡単レシピについて、別の曲でもやってみましょう。 お題はL-O-V-E。ナッキンコール! お絵かき用にリード譜を書きました。 この曲はツーファイブを中心にした曲でして、左手はルートを使うと、階段を降りるようにすらすら弾けてしまいます。 では、ベースとの共演を想定して、根音省略するとどうなってしまうのか⁈ 次回、こうご期待です。 […]

Blue Bossaを使ったセッション練習03

ピアノキャットです。 前回、根音省略(ルートレスヴォイシング)によるバッキングには裏技があるという引きで終わりました。 酔っぱらって書いたので、気軽に考えていたんです。 検索するとよくひっかかるジャズピアノのはじめかたさんに教えてもらえばいいや、と。 コードを覚えるためのエチュード集、「ジャズピアノ練習法」コード編 5分でわかるテンションヴォイシングね、なるほどなるほど。 メジャースケールでのツー […]

Blue Bossaを使ったセッション練習02

ピアノキャットです。 Blue Bossaでセッション練習するにあたって、譜面に解説をいれてみました。 このようなコード解析を行うのも、お酒を飲んだ夜の楽しみです。 この曲も大体ツーファイブワンでできています。 1段目はCm調の準備運動 2段目はCm調のツーファイブワン 3段目はDb調借用のツーファイブワン 4段目はCm調のツーファイブワン そのうえで、二つコードを改造します。 一つ目は納 浩一さ […]

枯葉(Autumun Leaves)のコード進行分析03

ピアノキャットです。 僕は完全パンクマニュアルが大好きです。 どのくらい好きかというと初版本に直筆で「てめぇはファッションパンクだ!!」と書いてもらったほど好きなのですが、しかし、どうしてそんなサインを頂けたのか記憶に残ってません。不思議です。 完全パンクマニュアル – 「はじめてのセックス・ピストルズ」 そんな僕にとってパンクロックとは魂の叫び、パンクロッカーとは生き様であります。 […]

枯葉(Autumun Leaves)のコード進行分析02

ピアノキャットです。 枯葉のコード進行について色々考えていました。 そしてググってみたら、素敵なサイトがでてきました。 jazz guitar style master –  枯葉(Autumn Leaves)のコード進行分析とアドリブ例 jazz guitar style masterさんがツーファイブワンも全部教えてくれますので、僕の話はもういいですね。 ということで、プロビデンス […]

枯葉(Autumun Leaves)のコード進行分析01

ピアノキャットです。 これから話す枯葉のコード進行について、ずっと考えていたんですよ。 こいつのことを、なんて呼ぶか。 出典:Wikipedea – 和声 こいつはダイアトニック・コードの機能図なのですが、調べてみてもどうにも名前がでてこないんですよね。 いちいち音楽の話をしている時に「あのほら、ダイアトニック・コードの機能図がさ」とか言わないですし、言っても共通理解ができないと思うん […]

コード転回練習(セブンス)

ピアノキャットです。 刃牙が好きです。 どんなところが好きかというと、軍鶏のように能力がリセットされず、一度覚えた技は次にもちゃんと使ってくれるところが好きです。 特にモハメド・アライが、モハメド・アライ・ジュニアを教育するシーンで、拳ではなく掌底を使うところ。 これは直前の愚地独歩戦で拳を痛めたことに対応しているんですよね。 しかし、そこに解説はいれない。なぜなら素のままの拳を使えば壊れるという […]

コード転回練習(トライアド)

ピアノキャットです。 音楽とは、音を楽しむと書きます。 酒を飲みながら文章を書くと、このように太古の始まりから語りそうになってしまうのですが。 4回目については、このコードについて少しお話します。 まぁ、音楽なんて聴いて気持ちよければ、なんでもいいわけですよ。 それが適当に鍵盤をぶっ叩いているうちに、どうも気持ちよさにはパターンがあるみたいだぞ?と気がついて、CとかC7とか記号で整理したのが、コー […]

error: Content is protected !!