Watermelon Manでブルース進行を学ぼう!02

Watermelon Manでブルース進行を学ぼう!02

ピアノキャットです。

僕はもう永遠も半ばを過ぎた年なのですが、ブルースを語るには若すぎるようです。
記憶に残る一番のブルース進行は、ピアノでも歌でもなく、以下でして。

出典:youtube – SSMMA7|エレキ・デ・チョコボ:ファイナルファンタジー7

今回はこのように僕の思い出のブルースをてっきとー!にWatermelon Manに載せてみました。
ジャズはサンプリング文化です。イントロとエンディングはいつものサイトに頼らせて頂きましょう。

ジャムセッション入門、まずはいろんな曲に対応できるイントロを覚えよう。

Watermelon ManFブルースです。
なので、ジャズピアノのはじめかたさんの譜面をFメジャーに転調してみました。
本当は頭の中ですべきことなのですが、最近消しゴムの動きが激しいので、どうにも外部記憶に頼ってしまいます。

〇イントロ(F調)

〇エンディング(F調)

このようにイントロエンディングのバリエーションを増やしておくことは、いずれ来るセッションのためにいいことです。

あとはテーマの部分、今回は左手をパワーコードでセブンスまで弾いてみました。
パワーコードいいですね。力とはパワー!的な脳筋感があって素敵ですね。
トライアドから3rdを抜いた音がそうでして、この1stと5thだけの音がシンプルで通りがいいのなんの。
ロックでよく使われるのですが、僕の好きな→Pia-no-jaC←でも多用されるなどジャズとも親和性があったりもします。

ということで、今回の演奏動画をば。

なんか、割とそれっぽく弾けましたね。
なので、これでWatermelon Manは終わりにしましょう。だって、もはや完璧なWatermelon Manなのですから……。

出典:youtube – Piano Marcos|Watermelon Man – Piano Cover

……あれ?
他の人の演奏と全然違うぞ??

error: Content is protected !!