枯葉(Autumun Leaves)のコード進行分析02

枯葉(Autumun Leaves)のコード進行分析02

ピアノキャットです。

枯葉のコード進行について色々考えていました。
そしてググってみたら、素敵なサイトがでてきました。

jazz guitar style master –  枯葉(Autumn Leaves)のコード進行分析とアドリブ例

jazz guitar style masterさんがツーファイブワンも全部教えてくれますので、僕の話はもういいですね。
ということで、プロビデンスの目を。


出典:Wikipedea – 和声

ツーファイブワンは言ってみれば、気持ちいい音の運びの代表です。
白鍵だけ使ってセブンスを弾くと以下のコードになります。

CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7(b5)

これに1から順に番号をふると、こう表現できます。

ⅠM7 Ⅱm7 Ⅲm7 ⅣM7 Ⅴ7 Ⅵm7 Ⅶm7(b5)

これをⅡm7 – Ⅴ7 – ⅠM7と弾くと気持ちいいので、みんなこぞって使い始めました。
これがツーファイブワンです。

で、枯葉は、ほぼツーファイブワンだけでできています。
Aパートの1~4小節はBbのツーファイブワン、5~8小節はGmのツーファイブワンです。
これを繰り返すだけで、永遠に曲が弾けてしまうのだから、不思議なものですね。

ということで、枯葉をルートから弾いてみました。

まぁ、とんでもない八艘飛びです。

こんな左手の飛び方をしていたら、譜面を丸暗記していても大変なので、次回はコード転開の応用をやりますね。
それでは。

error: Content is protected !!