ハノンを使った指練習(表拍)

ハノンを使った指練習(表拍)

まずはハノンより始めよ。
ということで、はじめまして。ピアノキャットです。

人生いろいろありまして、Wordpressのテストに本サイトを立ち上げました。
せっかくなので趣味のピアノ、特にジャズピアノについて、つらつら書ければと思います。

最初の投稿はこちら。
ハノンの1番から4番までを、表拍でメトロノームを鳴らして弾いてみました。

久しぶりに動画作成したのですが、時代は進みましたね……。

さて、ハノンです。
ハノンとはドイツ語読みでして、英語読みではシャルル=ルイ・アノンといいます。
フランスの人らしく、なのにどうしてドイツ読みがメジャーなのか、僕は知りません。
指練習をするのにうってつけな教材の作者として有名です。

たまにハノンを弾いてみると、自分の調子がよくわかります。
色々あって数ヶ月弾いていなかったので、この動画ではところどころ走ったり、指が迷ったりしています。
このように録画したり、録音したりすると、練習すべきポイントが泡のように浮きあがってくるのでいいですね。

表拍と題したからには、もちろん裏拍もあります
次回の投稿は、ジャズで最も大切な「裏」の取り方について投稿します。たぶん。

 

error: Content is protected !!